イデアシーディーって実際どんなとこ? | 札幌 Web制作・運用更新代行 | 株式会社イデアシーディー
  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. イデアシーディーって実際どんなとこ?

イデアシーディーって実際どんなとこ?

2020年4月24日のブログの写真です

みなさんこんにちは。
弊社のInstagramを担当しているミスチル大好きなwakaと申します。

今回はイデアシーディーをご紹介します

なぜ今更紹介コーナー?と思う方もいらっしゃる方もいるかと思いますが、
弊社では新しい仲間を募集していたため、せっかくの機会なのでまとめてみました。
「Webサイトをみても正直この会社のイメージつかないし…」
と思う、そんなリクルーターの方へ
今回はアシスタントディレクターのことや社内の雰囲気など、
去年転職してきた人間の目線から、ざっくばらんに書けたらと思います。
(長文になります。ご了承くださいませ。)
  
  
  

アシスタントディレクターって?

実はこの業界に転職する前は
“ディレクター”ってテレビ業界だけの言葉かと思っていました。
同じ方いらっしゃいますかね…?Web業界にもあるのです。(知っていたらすいません)

簡単にいうと、Webディレクターは
クライアントと制作側(デザイナー・コーダー)の間に立って、
より良いWebサイトを制作・運用するために進行させていくお仕事

です。
アシスタントディレクターは、経験豊かな先輩のもとでスキルを磨き、
ノウハウを学んでいきます。
未経験者にとっては覚えることが多く、焦ったりすることも多いかと思いますが、
Webサイトの裏側を知ることができ、違った視点で見ることができるので面白いですよ!

また、IT業界だからPCにずっと向き合う…というイメージも強いですが
クライアントとのやりとりやデザイナーへの相談、コーダーへの指示、外注さんへの連絡など
思った以上に人との関わりが多いです。
弊社のディレクターも”おしゃべり好き”もいれば”真面目”な方もいたり、”慎重派”な方もいます。
色んなタイプがいますので、「コミュ障だから…」と思っている方も安心してくださいね!

具体的に1日の流れを知りたい方は札幌でWebディレクター、やってみませんか?を是非ご覧ください。

現在、お客様と接客をするお仕事をされている方は
スキルを磨けばOKです。元々Web関係のお仕事をされている方は、より成長ができるはずです。
応募を迷っている方は座談会も行いますので、ぜひご相談ください!

私はデザイナーやコーダーを経験しているわけではないので
覚えることは多く、いまだに勉強中です。
経験者はもちろん大歓迎ですが、一緒に頑張ってくれる仲間がきてくれたら嬉しいです。
一緒にチャレンジしましょう!!
(異業種組のスタッフも多数います!)
  
  
  

社内の雰囲気はどんな感じ?

今までの経験した会社と比べると
仕事は真面目に取り組みますが、社内自体は平和主義な人たちが多く、
いい意味でゆる〜い雰囲気です。
(あとはみんなでふざける事が好きです。みんなノリがいいです。)

意見が通りやすく、思ったことを発言できる環境でして、
「リクルーターさんやお客様、地元の方々と距離がより近く感じられるよう自社Instagramを作りたい」と提案したら通りました。
社長とも雑談できるほど近い距離感です。
また、現在コロナウィルスが猛威を振るい大変な時期ですが、Web会社として何か出来ることはないか
役職・職種関係なく社内全体で話し合うなど、
いい意味で中小企業の良さが出ていると感じます。
(距離感の近さ伝わりますかね…語彙力急募)

その他、みんなで出前をとったり、同ビルにある飲食店さんへご飯を食べに行ったり
最近はzoomの背景を変えて楽しんでいます。
上の写真は、ディレクター3名でミーティングをした時に撮ったものです。
先日は、近くにあるお弁当屋さんのマックス唐揚げ弁当を頼んで、胃もたれし
全員で「年齢には抗えないね」と切なくなりましたが…。

    
   
  

………いかがでしょうか?
もちろん、リクルーターの方以外でも記事をお読みになりイデアシーディーを身近に感じていただけたなら、とても嬉しいです。

また、興味を持ってくれた方がいらっしゃいましたら是非お問い合わせくださいませ。
皆様の応募やご相談、お待ちしております。