新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」って? | 札幌 Web制作・運用更新代行 | 株式会社イデアシーディー

お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ

新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」って?

 

2020年も残すところ4ヶ月ですが、未だ収束の兆しが見えない新型コロナウィルス。
みなさんはどのような対策をしてますでしょうか?

マスクの着用、手洗いうがい、ソーシャルディスタンスや換気、外出先でもアルコール消毒のポンプを見かけるのが当たり前になってきましたね。

いくら対策をしても、対象が目に見えないっていうのはとっても怖いですよね……

そこでみなさんはこのアプリをご存知でしょうか?

厚生労働省からリリースされた、新型コロナウイルス接触確認「COCOA」です。
ニュースやCMなどでも見たことがある方もいるのではないでしょうか。このアプリは新型コロナ感染者との接触を確認できるアプリです。

知らない方のためにも、簡単にこの「COCOA」について紹介したいと思います。

●「COCOA」ってどんなアプリ?

簡単に説明すると、アプリをみんながインストールすれば、誰かに感染が判明したときに接触した人が、いち早く気付けるアプリです。

インストールしているユーザー同士が近くにいるとBluetoothの距離無線通信機能で、1メートル以内、15分以上近づいた人のスマホの識別情報を記録します。利用者のうちの誰かの感染が発覚した場合、濃厚接触の疑いのある人に通知が送られるような仕組みになっています。

インストール自体も簡単で、一人でも多くこのアプリを使うことで、ユーザーにとって、新型コロナウイルスの早期発見や早期治療を期待でき、クラスター感染の防止も期待されます。

●「COCOA」をインストール

Google Play(Android 用)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.go.mhlw.covid19radar

 

App Store(iPhone用
https://apps.apple.com/jp/app/id1516764458

App Store(iOS 13.5以上)、Google Play(Android 6.0以上)の環境で上記のリンク、もしくはQRコードからダウンロードしてください。

アプリをダウンロードした後は最初に情報取得の許諾に同意します。利用規約、プライバシーポリシーへの同意と、ログ記録機能および通知機能の権限を確認されます。
アプリ上の案内に従っていけば3分ほどで設定は完了です。

後はBluetoothを有効にしていれば、同じアプリをインストールしているユーザーを認識します。

●陽性者との接触を確認する

アプリを立ち上げると、上のような画面が表示されます。
「陽性者との接触を確認する(14日間)」のボタンを押すと、接触があった場合に接触した回数が表示されます。陽性者との接触がなかった場合は「陽性者との接触は確認されませんでした。」といった画面が表示され、陽性者との接触が判定された場合、「陽性者との接触が確認されました。」といった通知がアプリ画面上に表示され、必要に応じて帰国・接触者外来を受診するよう促されます。

●陽性者との接触がなかった場合
●陽性者との接触が判定された場合

 

 

●感染が判明すると

感染しているかのどうかの判断は、従来通り、保健所・医療機関でのPCR検査などによって行います。ここで感染が判明した人が「COCOA」を利用していると、保健所にて「感染者のIDを接触確認アプリのシステムに登録して良いか」を訪ねられます。同意すると、感染者のスマホのID(最大で過去14日分)を接触確認アプリのシステム上に匿名で登録されます。

登録された陽性者のIDは、各アプリに「診断キー」として配信されます。この「診断キー」と、スマホ内の接触情報をアプリが照らし合わせることで、「陽性者と接触した履歴があった」と分かる仕組みになっています。

「診断キー」を入力すると接触履歴のあるユーザーに接触情報が配信されます。

 

感染者のIDと日時情報を組み合わせて生成された「診断キー」の情報をユーザーアプリに対して公開します。この診断キーを各ユーザーの接触確認アプリが取得し、アプリ内に保持している接触したIDの識別情報を照らし合わせて、「接触したかどうか」をアプリ上で判定されます。

●個人情報が収集されることはない?

「個人情報が収集されることはない?」という疑問を持つ人もいるかもしれませんが、その心配はありません。氏名・電話番号・メールアドレスなどの個人の特定につながる情報を登録することはないので、他のスマートフォンとの近接した状態の情報は、割り当てられた匿名のIDで管理されユーザーのスマートフォンの中にのみ記録されます。その情報も14日が経過したのちに自動的に無効になるため、行政機関や第三者が接触の記録や個人情報を収集することはありません。

COCOAの仕組み

また、Bluetoothの性質上、スマホ個別のIDを遠隔で取得することはできません。さらに、ID自体は乱数になっているため、取得したとしても保有者Aさんの個人情報を知ることにはなりません。付け加えれば、COCOAは位置情報の登録なども不要の為、携帯電話の基地局からの情報の取得も行えません。

●最後に

簡単ではありますが、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」をご紹介させて頂きました。

冒頭でも述べた通り、アプリをみんながインストールすれば、誰かに感染が判明したときに接触した人が、いち早く気付けるアプリです。

このアプリさえあれば完全に感染を予防できる!…というわけではないですが、いつ収束するかわからない「新型コロナウィルス」に対して、基本の手洗いうがいに加え、予防の先の予防に利用してみるのはいかがでしょうか。