お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ

ホームページ作りで失敗する5つのポイント

こんにちは。Web ディレクターの秋田です。
現在、多くの会社・団体がホームページを開設しておりますが、ホームページからきちんと集客できているのでしょうか?
数年間更新されていない形骸化されたホームページをお持ちではないでしょうか?
成功するホームページ作りの前に、なぜ失敗してしまうのか、その原因を探ってみましょう。

1. 制作会社に丸投げしてしまう

「餅は餅屋」と言いますが、ホームページ制作会社はホームページ作りのプロではありますが、あなたの会社や取り扱っている商品に精通している訳ではありません。
綺麗なデザインに読みやすい文章を並べる事はできても、それがユーザーの響くかどうかはまた別なことです。
ホームページからの集客や売り上げを望むのであれば、制作会社と一丸になってホームページ作りに取り組まなくてはいけません。

2. 目標設定ができていない

ホーページの最大の利点は、広告の効果測定が瞬時に正確にできることです。
他の広告媒体だと、大まかな効果測定はできても、正確には測れません。
例えば、テレビCMを放送したとして、一体何人が視聴し、そしてどれだけの人が興味をもったのか?それを測定するには時間と費用もかかります。
ホームページでは、何人がアクセスし、何人が興味を持ち、何人が購入したのか一瞬で知ることができます。

  • ・何人にアクセスしてもらうのか?
    ・何人に興味を持ってもらうのか?
    ・何人に購入してもらうのか?

といった、正確な目標設定をして、その結果を常に測定することがホームページを活用する上でかかせません。
目標設定ができていないホームページは、そもそも成功したのか失敗したのかも分からないまま放置されている傾向にあります。

3. 情報量が乏しい

あなたのホームページに訪れるユーザーは何が目的なのか?
その理由は多くの場合、自分にとって有益な情報があると思い訪れています。
有益な情報が無ければ、ユーザーはあなたのホームページから去っていくでしょう。
そのため、ユーザーが求める有益な情報を惜しみなく提供していくことが必要です。
ホームページのデザインばかりにとらわれて、情報不足のホームページになってしまってはいけません。
洗練されたかっこいいホームページはユーザーに好印象を与えますが、デザインだけでは売上は上がりません。情報こそが売上に直結するコンテンツなのです。

4. 友人知人にホームページを作ってもらった

友人知人に無料(もしくは格安)でホームページを作ってもらったという話を良く聞きます。現在では、ただ単にホームページを作るだけなら無料で作れるツールまであります。
もちろん友人知人に作ってももらうのは悪いことではありませんが、その方はWebマーケティングやSEOの知識を持っているでしょうか?
また、無料で作ってもらった手前、修正や更新など頼みにくくはありませんか?
いつまでも古い情報が載ったホームページは悪い印象を与えます。
適切なホームページ制作会社を選ぶべきです。

5. SEO対策ができていない

アクセス数を増やすにはGoogleやYahoo!で検索してもらい、表示されなくはなりません。検索エンジンで上位に表示されるようにするにはSEO対策が必須です。
また、SEO対策は日々変化し続けていて、最新の情報を持ち合わせた専門家のみ有する技術です。
検索しても表示されないホームページは存在しないのと同じです。

6.まとめ

いかがでしたか?
思い当たる部分がありませんでしたか?
企業がホームページを持つのが当たり前の時代になってから、十数年経ちます。
ホームページ黎明期には、あなたが寝ている間も働いてくれる「24時間働く営業マン」と言われ、多くの企業が様々なホームページを作りました。
今ではホームページを持つのが当たり前の時代になりました。しかし、有効に活用できている企業はごくわずかです。
この記事の内容に気を付けながら、有効活用できるホームページをぜひ作っていきましょう。