お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ

レンタルサーバーって何を選べばいいの?

Webサイトを作ろうとした際、Web制作業者から「レンタルサーバーはどうしますか?」ということを聞かれたことがあると思います。

「どうしますか?」と言われても「何のこっちゃ?」な方向けに、レンタルサーバーにはどういうものがあるのかをまとめてみます。

■そもそもサーバーって何?

サーバーというのは「自身の所持するデータを、クライアントからのリクエストに基づいて提供する機器」のことを言います。

この時点ですでに「何のこっちゃ?」なのですが、簡単にいうと、
「手元のPCやスマホからアクセスすることで、Webサイトを見たり、データをアップロードして保存したり、ダウンロードしたりすることが出来る機器のこと」で、インターネット上のどこかにあるその機器のことを「サーバー」と呼んでいます。

また、ここで言う「クライアント」とは、お客さま・顧客という意味ではなく、みなさんがお使いのPCやスマホ等の端末機器のことを指します。

いつもみなさんが普通に行っている「Webサイトを閲覧する」ことや「Eメールを送受信する」ことも、サーバーからの情報がPCやスマホに届けられているということになるのです。

■ドメインとは

サーバーと同じく「ドメインはどうしますか?」と聞かれたことがないでしょうか?
みなさん目にしたことがあると思いますが、「●●●.com」とか「▲▲▲.co.jp」というのがドメインと呼ばれるものです。これはインターネット上の住所のようなもので、ドメインにアクセスすることで「●●●.comの情報が置いてあるサーバー」にアクセスすることができるようになります。

■サーバーの種類

ではそのサーバーにはどんなものがあるのでしょうか?
いくつかにまとめてみます。

共有サーバー

1台のサーバーを複数ユーザーで文字通り共有するサーバーです。
賃貸マンションに間借りするようなものと思ってもらえるとイメージしやすいと思います。

メリット:

デメリット:

専用サーバー

1台のサーバーを単独ユーザーで利用できるサーバーです。
1戸建てを建てるようなものと思ってもらえるとイメージしやすいと思います。

メリット:

デメリット:

VPSサーバー

VPSとは「バーチャル・プライベート・サーバー」の略です。
1台のサーバーを複数ユーザーで利用しますが、中が仕切られていて、仕切りの中は専用サーバーと同じように使用することができます。
分譲マンションにすれば部屋内は自由にリノベーションできるようなものと思ってもらえるとイメージしやすいと思います。

メリット:

デメリット:

クラウドサーバー

上記3つはどこかにある物理的なサーバーを利用するものですが、そのスペースをクラウド上で提供されるサーバーです。クラウド上で上記3つのいずれかを選択する形になります。

メリット:

デメリット:

上記の図に「オンプレミス」という用語が出てきますが、

オンプレミス ( 英語: on-premises(オン・プレミシズ))とは、情報システムのハードウェアを使用者(通常は企業)が自社保有物件やデータセンター等の設備内に設置・導入し、それらのリソースを主体的に管理する運用形態をいう。(Wikipediaより)

とあるように自社・自分でサーバー機器を物理的に持つこと指します。
なのでオンプレミスの場合は自己所有するので「レンタル」とは呼びません。

■まとめ

今回はサーバーの種類についてまとめてみました。
どれを選択すればよいのかはみなさんの事情・前提条件によって変わってきますので、よく分からない場合はお気軽にお声がけください。