お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ

更新したのに、ホームページが変わっていない!?

Webサイトを更新してもらったのに、自分でホームページを更新したのに、実際に確認してみたら変わっていなかった…なんてことはありませんか?

  • ファイルの更新日時を確認したらファイルはきちんと最新版になっていた。
  • 制作会社に確認してみたら「更新されていますよ」って返答が帰ってきたことはありませんか?

なぜ更新したはずのページが変わっていないか

Webサイトの更新、ファイルをアップロードしたはずなのに、ページを見て何も変わっていないことがあったら、まず「キャッシュ」を疑ってみましょう。

キャッシュって??

ブラウザはWebサイトを閲覧した際にそのデータを一時的に保存します。そのデータのことを「キャッシュ」といいます。

そして再度同じページへアクセスしたときに、わざわざ毎回データを読み取ることなく、自分のパソコンにあるデータ(キャッシュ)を読み込むことで素早く表示されるようにしています。

初めてアクセスしたサイトでは画像の表示が遅かったけど、次に同じページにアクセスしたときは一瞬で表示されるといった経験はありませんか?
これはブラウザがキャッシュを読み込んでいるため、すぐに表示されるということです。

なので、更新したのに、更新されていないということの原因がキャッシュである可能性が高い理由です。

どのようにして更新を確認すればいいか?

まず簡単な方法としてはページの更新(リロード)です。
キーボードの上側に「F5キー」がないでしょうか?これを押す方法とアドレスバーの横側にあるリロードボタンをクリックする方法があります。

これでだいたいは解決できるのですが、まれに変わらない場合もあります。
その場合は「Ctrlキー」がキーボードの下側の両端にあります。
「Ctrlキー」を押しながら「F5キー」やリロードボタンを一緒に押してください。

PDFやFLASHデータなどはこれでも更新されない場合があります。
その場合は各ブラウザのキャッシュを削除してみてください。

ブラウザのキャッシュの削除方法は?

【例)InternetExplorerのキャッシュの削除方法】
1.ブラウザ右上にある「歯車アイコン」から「インターネットオプション」をクリックします。

2.「インターネットオプション」のウィンドウが表示されたら一番左の「全般」タブの下の方「閲覧の履歴」の「削除」ボタンを押します。この時点ではまだ削除されません。

3.上から2番目の「インターネット一時ファイルおよびWebサイトのファイル」のみチェックをつけて一番下の「削除」をクリックします。

4.マウスの読み込み中アイコンが消えたら削除完了です。「インターネットオプション」ウィンドウは「OK」ボタンを押して閉じましょう。

5.再度該当のページを更新(F5キー)し、変化を確認してください。

【例)Google Chromeのキャッシュ削除方法】
1.ブラウザ右上のメニューから「設定」をクリックします。

2.画面下の「詳細設定を表示」をクリックし、そこに表示された「閲覧履歴データを消去する」をクリックします。この時点ではまだ消去されません。

3.別窓が表示されたら、「キャッシュされた画像とファイル」のみチェックをつけて「閲覧履歴データを消去する」をクリックするとキャッシュが削除されます。

4.再度該当のページを更新(F5キー)し、変化を確認してください。
キャッシュが削除されない場合、期間を広げて再度キャッシュを削除してみてください。

【例)Firefoxのキャッシュ削除方法】
1.ブラウザ右上の「メニュー」から「オプション」をクリックします。

2.「プライバシーとセキュリティ」の「キャッシュされたウェブページ」の部分にある「今すぐ消去」をクリックするとキャッシュが削除されます。

3.再度該当のページを更新(F5キー)し、変化を確認してください。

それでも更新されない、変わらない場合
上記キャッシュ削除やF5、Ctrl+F5による更新を繰り返しても変化がない場合は、下記のことが考えられます。

  • データが間違ったところにアップロードされている
  • URLが間違っている(テストページと本番ページを見間違えている)
  • データが保存されまいままアップロードされている

そして、本当に更新されていない…。
そんなことは弊社ではないように確認をしてますが、お互いにスムーズに更新作業や確認を行う上でも、「更新したページが変わらないなぁ…」ということがありましたら、上記の方法をお試しください。